広義

不動産とは、土地の上に建っている建物の事である。土地の広義として、田畑などの農地や山林のような土地や家屋を建築するために設備された宅地のような土地までの様々な種類の土地が存在する。
それぞれの土地の用途は定められており、登記簿に記載されている。基本的には用途通りの使用を行うことが前提となっているが、宅地を農地に、あるいは農地を宅地にするといった用途の変更を行うこともできる。

宅地

マイホームや賃貸マンションを建築するための購入する土地は、宅地と呼ばれていて、宅地以外の土地を購入して宅地にすることもできる。しかし、土地の用途を変更するには市役所などの許可や、変更のための登記が必要である。
そして、土地における立地の状況も家屋を建てる前に判断しておくことが必要である。例えば、湿地であれば地盤が不安定なので、建物の建築には向いていないことを考える。また、埋立地なども地盤が不安定で、地震などの災害の際には何らかの被害が生じることを考慮しておくべきである。近隣に山や河川があるのであれば、土砂災害などにも注意する必要がある。

注意点

不動産は、動産と比較して経済的価値が高いために、購入に関しては慎重に手続きを行うことが重要である。
仮に、法律的な知識を持たないままに、売買契約に関する手続きの全てを相手方に任せてしまうと、不動産に関する購入の代金をだまし取られたりする危険性がある。そうなった場合には、不動産が手に入らないという可能性も想定しておくことが大切である。