うつ病を改善したい人のための病院選び方ガイド

考え中

症状の進行

どのような病気であっても、そのまま放置していると悪化してしまいます。症状が悪化してしまえば回復までに時間も治療費もかかってしまいます。
症状が軽度の状態に病院で治療をすることで、治療期間も短くなりますし、治療費を抑えることが出来ます。
うつ症状が進行してしまうと会社や学校で様々な支障をきたしてしまうこととなります。そうなる前にうつ病は早期治療しましょう。

◆初期症状
何をするにもやる気が起こらない、いらいらすることが多い、疲労感が取れない、集中力にかける、不安な状態が続くといったものです。今まで好んでいたテレビ番組やマンガに興味を示さなくなる、仕事や学校を休むことが増えてきます。周りからはうつ症状と思われにくい傾向があります。

◆中期症状
将来のことを考えると不安になる、過度の物忘れ、十分な睡眠時間を確保することが出来ない、急に体重が増減したといったものです。一日で感情の変化が激しいですが、自分では精神疾患であることに気づかない傾向があります。

◆重症期
動作一つ一つがゆっくりとなる、いつも孤独と感じる、発作的に自殺をしたいと考えることがあるというような症状が襲います。自殺の行動をしなくても脱水症状や肺炎を起こしてしまう恐れもあります。

一概にはいえませんが、うつ病はこのような流れで進行していくことが多いです。
早く治すためには早期治療が必要です。