うつ病を改善したい人のための病院選び方ガイド

うつむき女性

きっかけ

厚生労働省の調査によると、日本におけるうつ病発祥経験者は約15人に1人という結果でした。そのうち発症した年齢が高いのは20歳代ということが分かりました。
15人に1人という割合は非常に多いです。つまり、日常生活の中でうつ症状に悩まされる人の割合が非常に多いということがわかります。
いつもと変わらない生活を送っていたつもりなのに鬱になってしまう…ということも十分考えられますので、「自分は大丈夫」と思い込まないようにしましょう。
うつ病は同じて発症してしまうのか?原因を知っていることによって、予防にもつながりますし、うつになったきっかけを自分で知ることができます。では、どのような原因が考えられるでしょう。

うつの原因は現在でもはっきりとわかっていません。ただ、現在わかっている原因は4つあります。それぞれの原因について紹介します。

◆精神的ストレス
日常生活の中で何かの出来事に対して「嫌だな~」と思うことがあるでしょう。その感情がストレスとなってうつ病を招く恐れがあるのです。軽度であれば誰でも日常生活の中で感じていると思いますが、嫌だと思う気持ちが継続されることによって重症化してしまいます。

◆身体的ストレス
体が歪んでいることによって、体に負担がかかってしまいます。自分では負担がかかっていることは感じていなくても脳には伝わっています。体の歪みは、主に顎、筋肉、骨盤、背骨などが当てはまります。

◆環境的ストレス
温度や湿度が最適でない場合、体にストレスがかかってしまいます。天候が悪いと気分が憂鬱になるといった人が居ますが、それは環境が原因です。また、体温のバランスも崩れることによってうつ症状を招きやすくなります。

◆化学的ストレス
特定の栄養素が過剰摂取されている、逆に不足している場合、無意識に脳がストレスを感じています。毎日の食生活では栄養バランスを考えて摂取しなければなりません。

原因が当てはまる場合には、病院へ行って相談をしましょう。